消費者金融 どこがいい?

消費者金融の利用について

消費者金融は、基本的に収入が安定していて過去や現在の借入履歴等に問題がなければ、誰にでも融資をしてくれます。個人の短期間の小口の融資を主目的としていますから金利は高めで、多額の金を長期間かけて返済したり延滞したりしてしまいますと、利息がかさむことはありますが、利便性や審査・融資までのスピーディさは大きな魅力です。平均すると、どこの業者でも50万位まででしたら、無担保・無保証で借りられます。審査は児童審査システムを使用している所ですと、最短で30分程度で終わります。午前中に申し込み、そのまま審査にすんなり通れば即日融資を受けることも可能です。

 

キャッシングは昔はリスクが高いと考えられていたため、銀行も中々進出しない分野でしたが、昔から業務を行っていた消費者金融は、リスクは承知の上で様々なサービスを提供してきました。近年ではコンピューター技術の発達により、手続きのオンライン化も進み、特に審査を行う上では、個人のキャッシング履歴が登録されている信用情報機関に瞬時にアクセスして、データを引き出すことが容易になったため、審査のスピードは格段にアップしました。但し、先程もお話したように金利が高めで、貸金業法の改正により、年収の3分の1以上は借りられない総量規制が設けられているので、その点を承知した上で利用することが大切です。

 

銀行のローンを利用しようとしますと、金利は低いのですが審査が厳しく時間も手間もかかります。そのためこれらの従来のローンと平行し、大手消費者金融を傘下に入れてキャッシング事業を展開するところが増えてきました。銀行は小口の融資を利用する新たな顧客が得られ、消費者金融は銀行の豊富な資金力を背景に、安心してキャッシング事業を展開することが出来るので、お互いに大いにメリットがあるわけです。