キャッシングの審査内容とは

キャッシングの審査内容とは?審査に通る為に!

 

キャッシングを利用する際には、まず審査に通らなければ何も始まりません。どんなにきちんと準備をしてきても、審査に不合格になってしまっては、せっかくの努力が無駄になってしまいます。そこでここでは、キャッシングのおおよその平均的な審査内容について、お話していきたいと思います。但しあくまでもどこの業者でも審査するであろう、平均的な審査内容の御紹介であり、ここまで細かく審査しない所もあれば、独自の審査基準を設けている所もありますから、どこでも全くこの通りの審査をされるということではないので、その点だけは御了承ください。キャッシングの審査内容は、大きく分けて属性審査・書類確認・在籍確認・信用情報審査の4つとなります。キャッシング業者としては、確実にお金を返してくれる人に貸したいはずですから、特に申込者の返済能力の有無をまずあらゆる角度から審査しようとすると考えてください。では順番に、その具体的な審査内容についてお話していことにしましょう。

 

まず最初は属性審査についてです。属性とは、申込者の年齢・収入・性別・勤務先・家族構成・連絡先の安定性の観点から、家の固定電話の有無・雇用形態・住居の形態・保険の種類・最終学歴・勤務先での役職の有無・収入の形態・賞与の有無・勤続年数・住宅ローン等の有無・収入と希望借入金額とのバランス・借入をしたい理由等、基本的個人情報+αの情報のことで、これらの項目について1つ1つ細かくチェックされます。経済的に余裕があるか、或いは万が一の場合でも夜逃げしにくいかといった観点から、独身で1人暮らしか親との同居か、或いは既婚で家族と同居しているかどうか、子供はいるかいないか何人かで、判断をされることもあります。収入の安定性からの観点では、非正規雇用より正社員、中小企業より大企業や公務員がいいとされる場合もあるそうです。

 

次に御紹介するのは、信用情報審査についてです。これは申込者のローン、クレジットカード、既に他社でのキャッシングの利用がある場合は利用歴(限度額・借入残高・延滞・金融事故の有無等)、毎月のケータイ・スマホの料金支払、ショッピング時の分割払時の延滞の有無等も審査対象となります。日本には3つの信用情報機関があり、個人個人の借入履歴等のデータが保存管理されているので、業者はここに照会して申込者の履歴データを見て審査をするのです。もし借入社数が多かったり、何かしらの金融事故を起こしていますと、審査の上では非常に不利になります。

 

次に御紹介するのは、書類確認についてです。これは申込者がweb上の申込フォーム、或いは店頭受付や郵送申込の際に書き込んだ申込書の内容が、パスポート・運転免許証・健康保険証等の身分証や、源泉徴収票・給与明細・確定申告書等の収入証明書の内容と矛盾や相違点がないかどうかを照合する作業のことです。記入ミスや記入忘れ、故意の虚偽の記入等は、大きな減点対象になるので注意が必要です。

 

最後は在籍確認についてです。これは一部の業者では行っていなかったり、社員証等のコピーの提出があれば免除される場合もありますが、基本的には申込者の勤務先に、業者が個人名を名乗ってわからないように電話をかけ、在籍の確認を行います。この作業を行う業者の多くは、審査の1番最後に行うケースが多くなっています。以上の大まかな審査内容がわかっていますと、わかっていないよりは、かなり有利になると思います。